長野電子の仕事 -Works-

研究開発

卓越した技術力と培われたノウハウから、新たな可能性を追求。

長野電子は、シリコン文明の黎明期ともいえる1964年(昭和39年)、半導体シリコンの無限の可能性にいち早く着目し、信越化学と不二越機械工業の共同出資により設立されました。そして、SEH(信越半導体)グループの一員として、半導体のベースとなるシリコンウェーハの超精密加工を行い、エレクトロニクスの進展に寄与してまいりました。現在、SEHグループはこの分野における世界最大のサプライヤーとしての地位を確立し、最先端かつ最高品質の評価を得ています。
こうした背景のもと、長野電子は創業以来豊かに培われた技術蓄積と積極的な研究開発から、より一層ハイレベルな超精密加工技術を追求。エレクトロニクスの進展を加速させています。
半導体のデバイスの基板として、シリコンがいつまで主力の座を堅持し続けられるかは、シリコンウェーハがデバイスの超高集積化から求められる要求品質に、どこまで応えられるかにかかっています。
長野電子はこれまでも、不可能と思われていた精度に果敢にチャレンジし、その都度、目標を具現化してきました。これからも常に極限に挑み、それをクリアしていかなければなりません。
トップの品質を生み出すために、生産機器については、不二越機械工業と共同で独自のマシンを設計開発、これが当社のIDENTTYとなっています。
また、素材としてのシリコンには未だ多くの可能性が残されています。なかでも、信越半導体の磯部研究所と共同で開発に成功したSOI誘電体分離ウェーハは、トランジスタの高速動作や耐アルファ線など、優れた特性を有し、様々な最先端分野での利用がされています。

PAGE TOP